電動スケートボードのことで最長の旅

それは、電気スケートボードエリア内で目立つようにいくつかの深刻な技術革新を取るポイントに出席しています。 回生ブレーキとインホイールモーターのようなオプション。 それは薄っぺらなプラスチックで作られていると、それはかなり安いと感じるよう無線遠い制御が弱いレベルのビットと考えることができます。 通常、電動スケートボードのライダーはボードを充電することであり、それは彼が制御し、ペースを調整することリモート管理と一緒に高速道路上で動作を開始します。 あなたがハンドヘルド遠くに前進トリガーを押して遅くします。 このような状況では、終了する必要がある唯一のものは、ダウンしゃがむであり、あなたが落ちる必要があるにも害を得ることからあなたを防ぐ位置に行くことです。 何でもスゴそれに乗って、余分な楽しさせるものは、それは問題なく上り坂と下り坂行くことができるという真理であるので、あなたはどこでもあなたが欲しいそれで旅にできるようになります。 KV、より速く、より高いです電動スケートボードは、駆動します。 この電動スケートボードの車輪は、地形の任意のタイプで使用することができ、ゴムから作られています。

Koowheelエレクトリックスケートボードのことで最長の旅

そして、ますます多様電動スケートボード彼らの完全なペースで入れたり、路上撮影したときに自分のペース(一部は時速20マイルの上にうまくやるだろう)、速い加速、ライディングモードの数、および頑丈なつくりを売り込みます。 あなたが最も簡単なのためだけ落ち着く厳しい人ならそう、そしてKOOWHEEL電動スケートボードはあなたの要求を満たします。 だから、心の中で、我々は一般的にKoowheelたときに見て興奮していたことを維持し、電気スケートボード第二世代Kooboardはそこまで確認しました。 最初の電動スケートボードのライダーのために多くのセキュリティ保護機能を実装します。

実際には、ブレーキはバッテリーのコスト、回生システムです。 私たちはしている電動スケートボードは、オタク。 歩行者の数千万人のために、スケートボードはすぐに長い距離を横断しgridlockedトラフィックや過密と非効率的な公共交通機関の不満から離れた保つために楽しさと論理的な選択肢です。 しかし、そこにすべての欠点に逆さまだし、それは右ここに正確にケースです。 市場で最も効果的なブランドやモデルを研究して200時間近く過ごした後、我々は市場の右この瞬間のトップ10のボードを購入し、ファセットによって側にそれらを調査し、それらのすべてのアウト電子スケートボード本当にガイドラインを検索します! あなたは良いものを見つけたい場合は、中国が見える場所です。 プログラミングが傾く有害の登山を制限するための場所であるのに対し、ライダーはこのボードが提供できる能力が保護された使用のために尊重されなければなら理解する必要があります。 しかし、それはすべての時間それであなたが旅ならば、あなたのボードに乗っについてネイティブガイドラインと規則を確認し、あなたがあなたのE-スケートボードと一緒に旅をする場合は、セキュリティのために追加の時間の多くを可能にするために非常に良い計画です。 これは、急速充電器でボードの費用がかかるだけで45分かかります。


ポスト時間:2月 - 23から2018